日本語

目的

Global Business Initiative on Human Rights (GBI) の存在意義は、世界中のビジネス界において人権を向上させることにあります。その基礎となるビジョンは、すべてのセクターに属する企業が、その影響下にある人々や相互に交流する人々の尊厳や権利を尊重することを理解し、表現する国際的企業社会を築くことです。

メンバー

GBI は、アジア、ヨーロッパ、中南米、中近東、北アフリカ、および北米に本拠地を置く18社の一流企業を中心とする主体グループに率いられています。加盟企業は、総計約175万人の従業員と190カ国を超える国々に所在する無数のビジネスパートナーを擁しています。GBI メンバーの従事する産業部門は、農業、オートメーション・電力、化学、電子、日用品、食品・飲料、医療、鉱業、石油・ガス、不動産開発、海運業など広範にわたり、所属企業の多くが業界リーダーとして活躍しています。

取り組み

GBIの作業計画は、以下の2つの平行プランに編成されています。

1つ目のMember Peer Learning(メンバー ピアラーニング)は、18のGBI企業がUN Guiding Principles on Business and Human Rights(企業と人権に関する国連指導原則)の実践および導入を制限なく学ぶ場であり、人権の尊重に重点を置く同胞企業と、実践や課題、革新的アイデアの共有を促進させます。この取り組みは、年2回行われるファシリテイテッドワークショップや具体的なテーマを深く追求するプロジェクト、トピックに重点を置いたピアラーニング会議、そして知識、資料、ツールの共有から成る学習基盤を通じて行われます。

2つ目のGlobal Business Outreach(グローバルビジネスアウトリーチ)は、世界のさまざまな地域、特に新興市場や成長途上にある市場における意識向上および能力{のうりょく}構築{こうちく}に重点を置いています。GBIは、国連グローバル・コンパクトの地域ネットワークと共に、地元の企業や人権、企業責任その他さまざまな組織と協力して、企業の人権尊重に対する認識やコミットメントを促しています。パートナーとの活動には、その地域に本拠地を置くビジネスリーダーを対象とした中心的活動、Business and Human Rights Roundtable(企業と人権の円卓会議)、持続可能性や人権の主要行事への参加、企業能力、コミットメントおよび行動に重点が置かれた地元のBusiness and Human Rights(企業と人権)活動の設計および実践が含まれます。

取り組みを実現させる過程でGBIは、公の場でのビジネス体験の共有、現地および地域特有の障壁や人権を尊重する実現要因の特定、Business and Human Rights(企業と人権)に関する課題においてGBIのパートナー組織が地元や世界的なリーダーとなる支援に努めています。また、国際的な組織(特に国連)との定期的な関与を通じて、建設的なビジネス案を国際的な政策議題に結びつける後押しを図っています。